楽になる力の加減

「出せる力の、半分以下にしてくださいね」

これは、わたしがYOGAアーサナ(体操)を指導するとき、
何度も口にする言葉です。

これはなぜかというと、
力を出し過ぎると
血圧が上がってしまい、
逆効果だから。

同じように、
何をするにも、力を100%、120%出し切るよりは
余力を残していた方が
結果的にうまくいく
と思っています。

1日の仕事も、キリがないですよね?
毎日残業、ヘトヘトになるまでやる
そんな生活をしていたら
身体も心も、動かなくなってしまいます。

わたしも以前は
無理をしていた時期がありました。

土日も、当時小さかった子供を
保育園や義理の両親に預けて
出勤するのが当たり前になっていました。

でも、不思議なことに、
やればやるほど、仕事が降ってくるように
増えていく。

その仕事量をこなせないことが
寝る前も気になって心臓バクバク、
眠れない・・・

当時のわたしは、
「これだけ頑張っているのに!」
と不満マンマン、だから
表情も暗く疲れ切っていて・・・!

幸い、YOGAに出会って
今までの自分のあり方が
自分にも、家族にも、職場の仲間にも
よくない影響を与えていた
と気づくことができて、

働き加減というものを覚えました。

よほどのことがない限り、
仕事を終える時間になったら
切り上げる。

オフィスを出たら、スイッチオフ。
自宅に仕事を持ち帰らない。

そうすることで、
ようやく自分に無理せず
自分を大切にする生活を
取り戻していけるようになりました。

60%でも、今日できたことをよし!とする。

YOGAの教えに
「5つのしてはいけないこと(禁戒)」
があって、

そのうちの1つが
「むさぼらない(不貧)」
です。

「もっと、もっと!」
とむさぼるのは、ある意味、依存的。
これを禁じているのですね。

欲張って力を出しすぎないでいると
心の穏やかさを感じられると思います。

60%でOK!
を意識して1日を過ごしてみて
心がどんな状態でいられるか、
試してみてくださいね。

肩の力を抜いて♪
りら〜っくす♪

あなたの心身の調和と健康を
心から祈っています♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。