言い方がきつい上司の対処法

言い方がきつかったり、
ネチネチしていたり、
ひどいときは、怒鳴られる


そんな人が上司だったら、
ストレスが溜まってしまいますね。


このようなときは、
言葉を受け取る姿勢を少し工夫するだけで、
傷つくことから自分を守ることができます。


わたしがOL時代に実際やって効果的だったものを
3つ、紹介します。

上司の言葉をそのまま受けない

自分の胸の前に、クッションがあるのをイメージしましょう。


上司が発する言葉は、そのクッションに当たって、
柔らかく相手に跳ね返っていくので、あなたに
グサリと刺さることはありません。

上司はあなたを傷つけようとしているのではない

上司の機嫌が悪く、キツイ言葉を発した・・・


それはあなたに非があるからでなく、上司の問題です。
何か、家庭で問題があったとか、その時の上司の心の状態が


不安定なために・・・何か辛い事情があって、
このような表現しかできなかったのだな、と思ってみましょう。

相手は自分の写し鏡

上司の取る態度、自分も誰かにしてしまっていないかな・・・?
と普段の自分の行動を振り返ってみましょう。


え〜、わたしはそんな言葉遣いしないよ!


と思われるかもしれませんね?


でも、上司ほどではなくても、
仕事に限らず、
家族や友人、ご近所の人などと
自分はどんなコミュニケーションをとっているかな・・・?
と少しの間、目を閉じて確認してみると
何か気づきがあるかもしれません。



実はわたしも、
直属の上司から
怒鳴るようなキツイ言葉を浴びて、
胃が縮む思いをしている時期がありました。



あるとき、自宅で
子供を叱っているとき、
自分の声が、その上司の怒鳴り声と重なって聞こえて
唖然としたのです。

そして、わたしも、上司と同じことをしてしまっている・・・!

と自分のあり方を反省したのでした。

上司も、あなたと同じ人間。
というスタンスで、
いやな言い方は聞き流し、
深く考え込まないこと。


そして、一日終わった後は、
自分自身に、「よく頑張ったね」
とねぎらいの言葉をかけることを忘れずに!



肩の力を抜いて
りら〜っくす♪

あなたの心身の調和と健康を
心から祈っています♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。