ストレスと行動力の関係

ストレスは主に
自分がコントロールできるものに対し
行動を起こさないところから発生する

Amazon創業者のジェフ・ペゾス氏が、あるインタビューで
このようなことを言われていました。

「行動力」がストレス発生を防ぐことができるということですね。

自分がコントロールできるもの

ここで大切なのは「自分がコントロールできるものに対し」
です。

自分がコントロールできないものに
働きかけても、

状況が変わらないか
残念ながら
逆効果になってしまう場合さえあります。

わたしの息子が
中学生のとき、

高校受験を控えているのに
ゲームばかりしていることを
みかねて

「このままだと、入りたい高校に入れないよ!」

と言ったところ、

「ママは、オレのこと何も分かってないくせに
そんなこと言わないで」

と言われて、ガーンときたのですが

よくよく考えてみると
自分の言葉に
彼をコントロールしようという意図が
入っていたことに気づき

は〜っと
反省のため息を漏らしたことがあります。

あなたにも、
似たような経験、ありますか?

では、自分がコントロールできるものって?

それは、

自分の
時間の使い方であったり
食事の内容であったり

自分に関することでしょうね。

自分自身の、心(マインド)も
含めて。

心のコントロール

心についていえば、
「コントロール」という言葉だけだと、
誤解を招いてしまうかもしれませんね。

心の理想的なコントロールとは、

自分の心(思い・思考)を否定して
押さえつけたり、
無理やりねじ曲げたり、

そういうことではなく

自分に今ある思い(思考)を、
まずは十分認めてあげる。

そして、その思い(思考)が
今の自分を悩ましていると
気づけているのであれば

その思いを解放して
思い(思考)を別のものに
シフトしてみる。

そういうステップが必要です。

行動してみる

行動をするかどうか
それはあなたの選択。

でも、なかなか、
行動できないのよね

と思うなら・・・。

行動するのにエネルギーは必要だけど
行動しないためにストレスが生じて
そのストレスに対処するエネルギー量の方が
はるかに多いし
負担に感じますよね?

コーヒー飲みたいな
と思って

念力で
コーヒーの入った目の前のカップを
自分に近づけようとするより

さっと手を伸ばして
カップを取る方が、よほど簡単。


そんなふうに

行動することを
あまりむずかしく考えず

欲しいものに手を伸ばす感覚で

行動したいですね♡


毎日をより
ストレスフリーで過ごせるために

自分のコントロールできる範囲で
行動できること、何があるかな?


あなたの心に聞いてみてくださいね。

肩の力を抜いて
りら〜っくす♪

あなたの心身の調和と健康を
心から祈っています♡







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。